スポンサードリンク

磯 釣あれこれ

磯釣のシーズンになりました。

磯釣には全国的に有名なあじか 磯釣 センターがあります。
太公望なら一度は行ってみたいですね。

磯釣情報は毎日変わるので正確な情報を入手したいものです。
磯釣は磯釣仕掛が決定的な意味を持ちます。磯仕掛ですね。
これで超過が何倍も違います。

磯釣で有名なのは磯釣 四国、沖縄 磯釣、九州 磯釣です。
いずれも南の地方ですね。

中でも有名なのが、太海 フラワー 磯 釣 センターです。
ここには全国の太公望が集まるのですよ。ワクワクします。

磯での超過を望むなら、最新 磯 釣 塾に入門するのが
手っ取り早い方法かもしれません。大きな超過が期待できるのなら、
有料でも入塾したいですね。

四国で有名な磯釣が、徳島 牟岐 大島 磯 釣ですね。
ここに行けば、南海の磯釣を堪能できるでしょう。

北に行けば、北海道 磯 釣です。
親潮の魚の釣三昧ですよ。

西では男女 群島 磯 釣でしょうね。
ここは大型というより、超大型の釣果が期待できます。

磯釣の達人になりたいのなら、磯 釣 スペシャルに入るか、
磯 釣 クラブに入ることです。勉強になります。

四国で忘れてならないのが、高知 磯 釣です。
四国全土から参加することで有名ですね。

磯釣のプロになるなら、磯 釣 動画を研究すべきです。
日本の有名な磯釣を紹介しましょう。

新潟 磯釣、日本海の親潮の魚がわんさかです。
三宅島 磯 釣、超大物ばかりですね。
素人さんでは難しいかも知れません。

黒潮に乗った魚を狙うなら、三重 磯 釣、和歌山 磯 釣、
伊豆大島 磯 釣、三浦 半島 磯 釣でしょうね。
海のファイターという魚達に出会えますよ。

最近は磯でもヒラマサを狙う、磯 釣 ヒラマサが人気なんですね。
伊豆 磯 釣、室戸 磯 釣、三重 県 磯 釣、八丈島 磯 釣で
楽しめそうです。

楽しみな夏の釣り

太公望にとっては待望の夏の釣りシーズンがやってきました。

初夏から夏にかけては一年中で釣りの最も楽し季節です。
家族釣りに最も適しているのは堤防での五目釣り。

中でもアジ釣りは幅広く人気があります。
今頃のアジはまだ小さく、防波堤からの釣りはアジ子釣りになります。

アジは小さい頃は防波堤や岸壁の近くに寄ってくるんですね。
子供から大人まで、誰でも楽しめるのがアジ子釣りです。

アジ子釣りの仕掛けも簡単です。
市販のサビキにアミかごを付けるだけ。

竿は2,3メートルの穂先の柔らかいものがいいでしょう。
小型のスピニングリールを装着します。

オキアミをアミかごに入れ、サビキを海中で何回かしゃくると
小気味いい辺りが返ってきます。

アジ子は口が柔らかく、口切れしやすいので急激にしゃくると
バラすことが多いです。

夏になるに従ってアジも大きくなっていきます。

アジ釣りの他に初夏の釣りとして楽しいのが、イサキ釣りと
イカ釣りです。

イサキは6月頃が食味の最高で、船釣り、磯釣りで数が期待できます。
イサキ釣りも仕掛けは地方によってちがいますが、一般的には、
船釣りの場合はサビキ釣り、磯釣りの場合はウキ釣りになります。

イサキの大型を狙うならば浮き釣り、数を狙うならばサビキ釣りでしょうか。

船釣りでもウキ釣りする人が多いですね。

イカも6月から夜釣りで楽しめます。
釣り上げたばかりのイカを船上で刺身にして食べると最高ですよ。

ハゼ釣り

ハゼ釣りほどポピュラーな釣りはない。

大人から子供まで女性にも簡単に釣れる魚である。
釣り場も湾内や河口のきっすい域で数釣りができる。

雑食性なのでエサを選ばないのもいい。
イソメ類、貝、小魚、藻などなど。

初夏からつれ始め、夏になると容もよくなり、
秋には油も乗り釣りファンを魅了する。

ハゼの種類も多い。
ダボハゼ、サビハゼ、ニシキハゼ、ハナハゼ、リュウグウハゼなど、その数は数百種類にものぼるといわれる。

釣りの対象になるのはマハゼであり、食味も最高である。

エサは一般的にはイソメ類やゴカイ。
針が見えていてもよく釣れる。

釣り方はウキ釣り、投げ釣り、ミャク釣り、
肩テンビン釣りなど色々あるが、
陸からは投げ釣りで置き竿をしている風景をよく見かける。




メジナ釣り グレ釣り

メジナ釣り、地方によってはグレ釣り、クロ釣りと
呼ばれている。

メジナには大きく分けてメジナ、地方ではクチブトグレと
呼ばれるものと、クロメジナ、地方ではオナガグレとに
分けられる。

メジナはくるっとした目が可愛い、釣りでは定番の
人気の魚である。

子メジナ(コッパグレ)のころは堤防、磯、あらゆるところで
釣れる。子供でも簡単に釣れる。

メジナは成長するにつれて、外海のゴツゴツシタ岩礁地帯へ
移動する。警戒心の強い魚である。

メジナもクロダイと似た雑食性で、あらゆる物を食べる。

冬は海藻類を食べ、夏は貝など動物性のエサをよく食べると
言われ、そのためか、メジナを食べるには冬が旬と言われる。

荒磯で少し波があるサラシでのメジナ釣り(グレ釣り)は
最高である。

メジナ釣りでよく出くわす外道がイスズミ。
引きはメジナ以上だが、独特な磯臭さがあり、
食味はよくない。正に外道である。

メバル釣り

メバル釣り。
メバルの種類は多い。

普通はクロメバルとオキメバルに区分される。
別名ではホンメバルとも呼ばれている。

一般的に釣りで狙うのはクロメバルであろう。
クロメバル釣りは大人から子供まで幅広く楽しめる。

堤防から、磯から、船からどんな釣り方でも出来る。
年間を通して釣れるのがメバル。

日中より夜釣りの方がよく釣れる。
船釣りではイワシの生きえさでメバルを狙う
イワシメバル釣りが人気がある。

メバル、変わった名前だが、
その名のとおり目が大きく恐ろしく目がよい魚である。

従ってメバル釣りでは潮が濁った日が狙い目である。

防波堤では防波堤の突端の海底に岩礁帯があったり、
藻が茂っているところがあるところが最高。

メバル釣りの仕掛けはさまざまである。
ウキ釣り、フカセ釣り、投げ釣りなど。

エサはモエビ、イソメ、オキアミなどだが、
生きモエビでの食いが一番よいようである。

メバルの仲間にはアラメヌケ、ヤナギノマイ、
アカガヤ、ウケクチメバルなどがいる。

メバル釣りでは色々な外道に出会う。
クロダイ、チヌ、カサゴ、イソカサゴ、アイナメ、
ササノハベラ、アジ、サバ、イワシ、マダイ、イサキなど。

楽しいメバル釣りである。

アジ釣りの季節

海釣り 磯釣り 船釣りでも人気のある
アジ釣りの季節になりましたね。

アジの種類は多いのが特徴です。
その中でも最も多くて、美味なのがマアジです。

スタイルもアジの仲間ではマアジが一番いいですね。

アジの種類には、マアジの他、マルアジ、ヒラアジ、アカアジ、
ムロアジ、オアカムロアジ、メアジなどがいます。

マアジには黒アジ系と黄アジ系があるらしいですね。

アジ釣りはこの季節、防波堤からのアジ子釣りで始まります。
潮通しの良い外海に面したところからならたいがい釣れます。

防波堤からのアジ釣りはサビキ釣りが主です。
アジの食い時は何と言っても朝まづめか夕まづめです。

サビキ仕掛けはスキン付や魚皮付、ストッキングを小さく切って、針に巻いてもいいみたいです。

エサは撒き餌としてオキアミをアミかごの中に入れます。

アジ釣りの醍醐味は何と言ってもあの強烈な引きでしょう。
小さいアジでも小気味よく引きます。

口が弱いので急激に合わせるのは禁物です。

ベラ釣り

ベラは色鮮やかで、比較的浅いところにも生息し、
種類も多い。

釣りの外道としては一番だろう。
よく釣れるのが、キューセンベラとササノハベラ。

仕掛けは特に選ばない。
外道として嫌われがちだが、瀬戸内地方では
人気の釣りらしい。

食味が外見に見合わずいいのにはびっくりする。
瀬戸内地方の人々はこのベラの食味を古より知っており、
大切にするのだろう。

投げ釣りでも、浮き釣りでもよく釣れる。
体に似合わず、引きがまた強い。

岩場にも砂場にも生息する。
一般に岩礁地帯の浅瀬でよく釣れるようだ。

ベラは色鮮やかな魚で、南洋系の魚といって良いだろう。

イシダイ釣り イシガキダイ釣り

海釣り イシダイ イシガキダイ釣りは
磯釣りの王者である。

イシダイ イシガキダイともに硬いくちばしを持ち、
強靭な歯をもつ。

イシダイ イシガキダイともに強烈な引きが魅力である。
海中の岩についたサザエ、フジツボ、カニ、ウニなどの
硬いからをも簡単に噛み砕く。

それだけに釣りの仕掛けも他の釣りとは違い、
頑丈である。

道糸、ハリスはナイロンではなく、ワイヤーを使う。
アタリが来たら、針掛かりをしっかりさせるため、
一気にしゃくりあげる。

イシダイ イシガキダイは悪食で、えさは
サザエ、トコブシ、カニ、ウニなどを使う。

寄せえさはアサリ、カニ、フジツボをつぶして投げ込む。

カワハギ釣り

海釣り カワハギ釣り

カワハギ、おちょぼ口で船釣りでのサビキ釣りで
お目に掛かる人気の魚である。

餌取りの名人でもある。
あのおちょぼ口で餌だけをしっかりと取っていく。

釣り場としては防波堤から船釣りまでと幅広い。
岩礁地帯とそれに接する砂場に生息している。

カワハギの仲間には、本カワハギ、ウマヅラハギ、
キビレカワハギ、ウスバハギ、メガネウマズラ、ナガハギ等が
いる。

餌はオキアミ、貝のむき身等だが、餌取りが旨いので、
堅めのアサリのむき身が一番よいようである。

食味は抜群。
本カワハギは刺身にするとフグと間違えるぐらいである。

内臓が臭いウマヅラハギも、釣り上げてすぐ皮をはぎ、
内臓を取り出し、海水につけて持ち帰ると、
信じられないくらいおいしい。

カサゴ釣り

海釣り カサゴ釣り。
岸壁近場の釣りとしてカサゴ釣りは人気が高い。

カサゴの食欲は非常に旺盛だ。
繊細なところもあり、潮の満ち干にはきわめて敏感だ。

釣れるタイミングとしては、潮が動いている時。
潮が止まると食いがぴたっと止まる。

餌の取り方はきわめて俊敏だ。
容貌からはとても推測できない。

釣り場としては、防波堤や磯。
ケーソンやそこが石、岩場などゴツゴツしたところに生息する。

餌はイソメ類よりもイカ、サバ、アジ等、魚の切り身の方が、
食いがよい。

カサゴの食味はきわめて美味で、
高級魚として都会でも人気が高い。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。